アクセスが少ない記事は内容を濃くする

内容が薄い可能性がある

インターネット上で何らかの記事を作成する際は、自己満足で終わらない事を大事にしてください。もし自分が自信満々で書き上げた記事でも、アクセスした人が短時間で離脱してしまうという事は、自分は内容が濃いと思っていても外からみれば内容が薄い事を意味します。サーチエンジンのロボットが被リンク数ではなく「滞在時間の長さ」を重視するようになってきている中、内容を濃くする事には大きな意味があります。現状でサーチエンジンの順位が低いとしても、平均滞在時間が長くなっていけばロボットは付加価値の高いページと認識するため順位アップを狙う事が可能です。ちなみに、内容が薄いとアルゴリズム次第で一気に順位が落ちる可能性があるものの、滞在時間が長いページはどれだけアルゴリズムが変わっても安定した順位をキープできます。

どうやって内容を濃くするか?

続いて、どうやって内容を濃くして行けばいいか、文字数を増やしていけばいいかというと、まずは客観的にページを分析してみてください。そして、例えばユーザーが情報を整理しづらいページだと思う場合は、テーブルタグを使って比較表を作ってみてください。比較表のあるページは滞在時間が長くなりやすい傾向です。また、難しい業界用語ばかりが並んでいると、良い事が書かれていたとしても難しすぎてユーザーが長く滞在してくれず、すぐに離脱してしまう恐れがあります。そんな中、難しい単語がページ内に多いと思う場合は、ページまたは各章の最下部に難しい用語の解説文を加えるのがおすすめです。これにより、アクセスしたユーザーが難しい言葉を学習できますし、意味を理解してもらえれば長くページに滞在してもらえる可能性が高まります。

© Copyright Easily Create A Websites. All Rights Reserved.