トップページに目次を導入する

目次は訪問者に好印象を与えるもの

目次を作るのは手間がかかるし、そこまで必要性がないのでは、などと思っていませんか?ホームページのトップに目次を置いておくのは、書籍の冒頭に目次を配置するのと同じこと。特にホームページは本と違い、時間をかけずに手早く情報を集めようとする人が多く訪れるものです。できれば長く滞在してもらいたいのが管理者としての心情ですが、利便性の低いホームページにはリピーターはつきません。訪問者の第一印象を悪くさせないためにも、目次の導入は必須であると考えておきましょう。あらかじめトップページで目次を示しておくことで、訪問者は余計なページ移動を挟まずに、一瞬でホームページの概要をつかむことができます。さらに、目次で興味を持ってくれた訪問者は、そのままページの内容を読み進めてくれるはずです。

リンク導入で、さらに利便性アップ!

トップページに目次を導入するだけでも訪問者の負担は充分に減らせますが、もう一工夫を加えることで利便性をさらに上げることができます。それは、目次の内部にリンクをつけるという手法です。目次から直接内容に移動できるようにしておけば、見ている人の興味を薄れさせることなく情報を提供できます。移動先にも追尾メニューなどで目次に戻れる仕組みを置いておけば、次々に新しいページへと移動できるため、訪問者はホームページの内容に没頭することができますね。なにより肝心なのは、訪問者の閲覧環境を阻害しないページ構成を作ることです。それひとつでホームページを隅々まで網羅できるような、便利で手軽な目次作りを心がけておきましょう。

ホームページ作成の見積もりでは、業者ごとに費用が大きく異なる場合もあるため、複数業者の見積もり結果を比較することが重要で、よりお得な業者を選べます。

© Copyright Easily Create A Websites. All Rights Reserved.