分析することによって問題点を見つける事が出来る

望みの効果が見られない!そんな時は分析してみよう!

ホームページを作った・リニューアルしたはいいものの、思うような効果が表れない、集客が伸びていないなどと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんな時はホームページを分析して、どこを改善すれば良いかを見つけることが大切です。ただ、分析するといっても分析しなければならないポイントは多岐に渡ります。ホームページ上に載せている情報は、ターゲットの顧客が必要としているものなのか、そもそもターゲットにホームページの存在を知られているのかどうか、様々な項目を分析しなければなりません。分析する項目をいくつかに絞り、その分析結果を次の更新の際に活かすようにすることがそのホームページの目的を果たすための重要な要素です。

どんな項目を分析すればいいの?

まず、アクセス数を調べてみましょう。そもそもホームページを知られていなければ、どんなに有益な情報が載っていたとしても効果はありません。アクセス数が少ないと思った時には、そのホームページで何を伝えたいかという事を改めて考え、SEO対策などをして検索結果の上位に表示されるような工夫が必要です。ホームページにアクセスしたユーザーがどのような行動をとったか、というアクセス解析も重要です。アクセス数だけでなく、どのページから見始めたか、何ページ閲覧されたかなどという事もコンテンツ制作において重要な要素になります。他にもそのホームページがユーザーにとってどういうページと認識されているか、ホームページ上のどこがよく見られてよくクリックされているのか、そのような様々な角度から分析することによってホームページの課題が見えてくるようになります。

HP作成をするには、専門のコンピューター言語やソフトの利用方法の理解が必要になるので、専門業者に任せるのが早道です。

© Copyright Easily Create A Websites. All Rights Reserved.