写真や動画を取り入れて内容が理解出来るようにする

訪問者目線で考えた時にやっておいたほうが良い工夫

ホームページを作る時は、訪問者目線で物事を考え見やすいホームページにしていくことが大切です。そして、訪問者目線で考えた時に重要となってくるのが、動画や写真が適切に配置されているかということです。サイトの利用目的や、獲得したい訪問者層によって必ずしもオススメ出来るわけではありませんが、基本的にホームページは画像や動画を使ったほうが訪問者受けは良くなります。テキストのみの本よりも、途中に挿絵があったり漫画スタイルになっている本のほうが見やすいのと同じです。ホームページを訪れた訪問者も、文字がびっちりと詰まっているサイトだと、直ぐに別のサイトへ行ってしまう事もあります。ホームページを作る時には写真をうまく使って、訪問者のサイト滞在時間を長くしていきましょう。

動画は有効だけど貼り付ける時には注意も必要

また、商品を説明したりするサイトなど、特定の目的のサイトでは、写真と同じく動画もあった方が訪問者受けは良くなりますが、動画を貼る時には注意も必要です。それは、一ページに大量の動画を貼り付けると、サイト自体が重くなり、訪問者が離れる原因になるということです。携帯電話やスマートフォンでは、サイトにアクセスすると自動で動画を再生する設定になっているものもあります。大抵の若い人は自分で設定を変えられますが、電子機器に疎い高齢者の方の場合はその設定が分からず、サイトを開いた時に動作が重くなって嫌気がさしてしまう場合も多いです。ですから、一つのページに埋込式の動画を貼り付けたい場合は気を使っていきましょう。

© Copyright Easily Create A Websites. All Rights Reserved.